ホットペッパービューティーへの掲載のお申込み・集客のご相談はヒューマンワークへ!

ホットペッパービューティー掲載受付窓口 リクルートトップパートナー 株式会社ヒューマンワーク 通話料無料0120-08-4191 電話・メールで24時間365日受付中
メールでお問い合わせ
ホットペッパービューティー掲載受付窓口 リクルートトップパートナー 株式会社ヒューマンワーク

メンズ脱毛サロンを開業するために必要な準備をまとめてみました

2021.12.01

メンズ脱毛サロン開業で必要なものとは

男性専門のメンズ脱毛サロンはこのところ急成長を遂げています。コンプレックスを解消したい人や身だしなみを整えたい人など理由はさまざまですが、身だしなみに気を遣う男性が増えていることの表れと言えます。
とはいえ、メンズ脱毛サロンはまだ店舗数が少なく、ニーズが高まっていることもあり女性向けの脱毛サロン同様、新規開業を目指すオーナー様が増えてきています。

 

メンズ脱毛サロンを開業するのに必要なものを大きく分けると、

 

「施術場所」
「什器やアメニティ」
「脱毛器」
「開業資金」

 

にわけられます。
施術場所とは店舗のことを指しており、男性向けの脱毛サロンの多くは商業ビルのテナントやSOHO向けのマンションの一室に設けられています。
脱毛サロンには施術用のチェアやベッドのほか、お手入れ用のコスメや着替えなどを準備しなければいけません。また、それ以外にもなくてはならないのが脱毛器です。脱毛器に関しては後述しますが、男性向けの脱毛機器が必要です。

 

これらの準備するための資金が「開業資金」です。メンズ脱毛サロンを開業する際には、店舗取得と改装費で300~500万円程度、什器などの調度品の準備に100万円程度、脱毛器のリースや当面の運転資金として200万円程度を準備する必要があります。総額600~800万円程度が開業資金として必要になることを頭に入れておきましょう。

 

メンズ脱毛サロン開業で必要なものとは

スタッフを充実させることも大切

男性専門のメンズ脱毛サロンは、顔のヒゲや胸毛のほか、腕や足の体毛の脱毛を中心に行います。サロンによっては男性の陰部の施術も行うことがあります。個人開業の場合でも、需要が伸びていることを考え、男性のデリケートゾーンのお手入れを導入することも検討してみましょう。

 

市民権を徐々に獲得しつつある男性向けの脱毛サロンですが、まだまだ少数派と言うこともあり、顧客側としても前向きになれないことも少なくないようです。そのため、人知れず通えるように配慮をする営業スタイルをとるサロンが多くみられます。

 

また、女性の脱毛と同様に男性自身も同性に施術を依頼したいと思うことが多いようです。そのため、男性のスタッフを最低一人は配置することがポイントです。個人サロンを開く場合、男性がオーナー兼エステティシャンであれば問題ありません。しかし、男性向けのサロンで平日の昼間をメインで開けてしまうと「仕事のため都合がつきにくい」という顧客も多いため、営業時間にも気を遣う必要があります。夜間や土日の営業に働き方をシフトするなど、検討が必要です。

 

男性の脱毛サロンの場合「癒し、くつろぎ、非日常」といった女性向けのキーワードは不要で、「効率的、結果」が最優先されます。こういったことからもスタッフを拡充して回転率を高められる工夫をすると、リピーター獲得にもつながりやすいと言えます。

 

メンズ脱毛は脱毛機器選びが重要!

メンズ脱毛を提供する場合、脱毛器選びが重要となります。男性と女性ではムダ毛の生え方が異なります。男性の体毛は濃く固いケースが多いですが、女性の体毛はわきの下や陰部に集中し、腕や脚はさほど目立つものではありません。女性向けの脱毛器と同じものでは結果が得られないと考えられています。これまでは男性脱毛ができるのは医療脱毛(医療レーザーもしくは医師の指示が必要なニードル脱毛)だけとされていましたが、技術の向上によって光脱毛に関しても男性のムダ毛にアプローチできる製品が増えています。新規開業を検討する際には男性向けに開発された脱毛器や、男性のムダ毛にもアプローチできる性能を持つ脱毛器を導入することが最優先と言えるでしょう。

 

メンズ脱毛サロンの訴求力は、導入する機器のスペックによって差が生まれます。とある調査によると、男性顧客は、「国産であること、施術時の痛みが少ないこと」が比較的ニーズとして多いようです。光脱毛の場合、男性の毛は太いので痛みを感じやすいといわれています。男性は意外と痛みに弱い方が多く、脱毛時の痛みを避けたいと感じているようです。リピート客を獲得するためには、痛みが少なく短時間で施術が終わるものを中心に選定していくことをおすすめします。

 

少しでもスペックが高いものは購入費用が掛かってしまいますが、中古を利用するほか、リースやレンタルで検討することで初期費用を抑えることが可能です。脱毛機器を複数台導入し、回転率を高めたい場合にはリースを利用するとよいでしょう。新規開業の場合は、日本政策金融公庫による借り入れを利用することもできるので、それを元手に良いものを1台購入するのももちろん戦略の1つです。

需要が高いメンズ脱毛に参入しよう

メンズ脱毛サロンは、身だしなみやコンプレックス打開のため女性向けの脱毛サロンと同様、ニーズが高まっています。男性向けの脱毛機器の導入が大前提となりますが、脱毛サロンの開業を検討されている場合、男性に特化した脱毛サロンを検討してみることもおすすめします。

 

しかし、男性の脱毛が当たり前の状況になるにはまだ若干時間がかかることも否めず、サロンの運営やスタッフの確保には配慮が必要になることもあるでしょう。ポイントは、効率よく顧客を回転させること、そして仕事勤めのサラリーマンが通いやすい営業時間の工夫、この2点です。この2点に配慮したサロン運営を心がけましょう。

関連コラム

記事がありません。

PAGE TOP