ホットペッパービューティーへの掲載のお申込み・集客のご相談はヒューマンワークへ!

ホットペッパービューティー掲載受付窓口 リクルートトップパートナー 株式会社ヒューマンワーク 通話料無料0120-08-4191 電話・メールで24時間365日受付中
メールでお問い合わせ
ホットペッパービューティー掲載受付窓口 リクルートトップパートナー 株式会社ヒューマンワーク

痩身エステサロンを独立開業したい!必要な資金や資格、準備するべきものまとめ

2021.11.26

美容機器の導入で大きく上下する痩身エステサロンの開業資金

痩身エステサロンは、手技によるもみほぐしや美容機器による脂肪分解を促す施術によって、きれいに痩せることを促すためのサロンです。言うならば、エステティシャンと二人三脚で「ダイエット」をすることを目的としています。ダイエットというとパーソナルトレーニングで痩せるというようなイメージがありますが、痩身エステサロンでは、見た目の美しさを追求しながら痩せる審美的な痩身術を扱います。

 

痩身・ダイエットは顧客にとってセンシティブな項目なので、プライバシーを守ることに注力する必要があります。そのため、立地は住宅地にある隠れ家のような自宅サロンなどで開業されることが多いのが特徴です。自宅サロンとなると改修が必要になる場合も多く、おおよそ100万円程度は最低でも必要です。施術ベッドとコスメの保管棚などの什器のほか、コスメやリネン類の備品で100万円程と、合わせて200万円は最低限必要となるでしょう。テナントなど賃貸での出店の場合は、物件取得費や改修費用として家賃の8ヶ月~10ヶ月分を見積もっておきましょう。

 

痩身エステサロンの場合、あらゆる悩みに寄り添えるよう美容機器の導入が優先される場合も多いです。キャビテーションやEMS、ラジオ波などの温熱機器などが代表的なものになりますが、これらを導入すると大きな費用が掛かります。1台100万円以上の価格が想定されますので、使用頻度が高いものは、開業資金に組み入れて計画を立てることをおすすめします。
資金的に難しい場合は、レンタルを利用すると効率よく痩身機器を導入できます。機種によってバラツキがありますが、1ヶ月あたり10万円程度の費用が掛かります。購入するよりもイニシャルコストは大幅に抑えることが可能ですが、顧客の回転率や売上見込などをシミュレーションしながら、無駄がないようにリースすることが大切です。

 

以上の点をふまえ、簡潔にまとめると自宅サロンとして痩身エステサロンを開業する際に必要な経費は、200万円程度となります。これを基本とし、導入する痩身機器によって100万円単位で上乗せされ、リースになると台数にもよりますが20万~30万程度が上乗せされると認識しておきましょう。

 

美容機器の導入で大きく上下する痩身エステサロンの開業資金

痩身エステサロンを開業する際に必要な資格は?

痩身エステサロンを開業する際に、特段必要な国家資格などは必要ありません。手技を提供する場合には、スリミングエステを指導する団体に加盟して技術を学び、「認定エステティシャン」などの認定を受けるとよいでしょう。また直接体に触れ施術を施すことが増えるため、「エステ向け衛生管理者」などを取得すると、顧客に安心を与えられます。
また、ほかの痩身エステサロンと差別化を図るためには、エステ以外の資格取得を取得するのも一案です。栄養面からダイエットを後押しするための管理栄養士や、骨格バランスを変えることを目的とした整体師などがあると差別化を図ることができ、サロンとしての箔も付くでしょう。
管理栄養士は国家資格であり、大学や専門学校などの養成学校への入学が必要になりますが、その分、価値は高いと言えます。整体師は民間の専門学校で取得可能な民間資格ですので、仕事をしながら資格を取得する方法もあります。また、リラクゼーション効果でストレスを解消できるリフレクソロジーなども導入すれば、体質改善も促せます。
取得まで時間や費用が掛かる資格がほとんどですが、見た目だけではなく物理的な美しさを引き出す仕事となりますので、あらゆる視点から「ダイエット」の後押しができる技術を持つと、そのサロンの大きな強みになるでしょう。

意外と多い?痩身エステサロンの開業で準備するもの

痩身エステサロンを開業する場合、自宅サロンを想定した準備物をまとめてみましょう。まずは施術用のベッドが必要です。それに合わせて、施術に必要なガウンやタオル類といったリネン類も必須となります。スリミングに必要なコスメは肌質別に準備すると丁寧な施術ができるので、できる限り細かく揃えた方が望ましいです。

 

また、痩身エステの場合はスポット的施術よりも、5回~6回コースといったプログラム化された施術で収益を上げるサロンが多い傾向にあります。そのため、例えばLINEといった個別チャットができるシステムや、ホームページ上でのパーソナルページを設けてサポートできるシステムがあると、顧客の囲い込みができる上、次の来店の約束も確保できるので導入を前向きに検討してみましょう。もちろん、導入する場合は、最低限のスペックを備えたパソコンや、場合によってはプリンタも必要です。細かいところでいくと、体脂肪が計測できる体重計と身長計があると、BMI値から理想的な減量目標をお客様と一緒に確認できます。それ以外にも、自宅でのダイエットを促すためのプロテインやサプリメントなどの商材も準備すると顧客単価の向上に繋がります。

 

痩身エステサロンはダイエットが目的のため、施術以外にもさまざまなアイテムやサービスを導入することで顧客単価を上げやすいというメリットがあります。もちろん、メニューとして載せればお客様が興味を持ってもらえるほど単純ではないので、説得力のあるトークやPOPなどが必要でしょう。お客様に気持ちよくお金を払っていただけるようなサロン作りを心がけて運営していきましょう。

 

ヒューマンワークでは、エステサロン開業のサポートもさまざまな形で行っております。物件選びや内装工事、開店後の集客や求人に関してワンストップでご提供が可能です。また、開業後の集客に関してもホットペッパービューティーを中心としたご提案が可能です。是非お気軽にご相談ください!

ホットペッパービューティーの掲載の申し込みはコチラ

関連コラム

記事がありません。

PAGE TOP